組合長あいさつ

 組合員、地域の方々には、常にJA鳴沢村の事業に、ご理解とご協力を賜り、心より感謝申し上げます。

 今や、農村地域は、農家人口の減少や高齢化により、労働力の確保が難しく、農産物の出荷労力にすら欠く状況となっています。また、消費者ニーズの多様化など販売環境も今後さらに変化していくことと予測されます。こうした変化に対応するため、系統組織が一丸となり、持続可能なやまなし農業の実現に向け、JAグループ山梨における農業経営管理支援事業の支援、協力を受けながら、生産、経営状態の分析、検討に取り組み、農業基盤のさらなる強化をはかり、持続的に展開していく必要があります。

 そして、昔から続く地域社会を持続していき、後世に受け継いでいくことが、JAに課せられた大切な責任だと思います。

平成29年5月

鳴沢村農業協同組合    
代表理事組合長 渡辺 昭秀

経営理念

  • JA鳴沢村は、農業振興を通じて、「食」と「農」と「緑」を守り、かけがえのない自然を次世代に引き継ぎます。
  • JA鳴沢村は、地域のみなさまとともに生き、地域のみなさまの共感の中で、心ふれあう地域づくりに取り組みます。
  • JA鳴沢村は、高い倫理観と責任感を持ち、地域社会に貢献できる事業と組織づくりに取り組みます。

概要 平成29年5月現在

名称 鳴沢村農業協同組合
設立 昭和58年2月(旧鳴沢村農協と旧大田和農協との合併による)
代表者 代表理事組合長 渡辺昭秀
本店所在地 鳴沢村711-4
出資金 1.8億円
総資産 81.4億円
支店・購買店舗数 3
組合員数 565人
役員数 13人
職員数 31人
単体自己資本比率 19.55%

組織図

組合員組織の概要

組織名 構成員数
ふじさん出荷組合 104人
花卉部会 3人
花壇苗部会 8人
ブルーベリー部会 29人
加工原材料部会 3人
青年農業者会議 16人
加工部会 10人

ディスクロージャー